融資に重要な事業計画書 - 事業計画書の書き方

事業計画書の書き方 > 融資に重要な事業計画書

融資に重要な事業計画書

事業を展開していくためには資金が必要になりますが、会社設立をするときにもっとも苦労するのが資金調達だと言われており、初めて起業する人はもちろんすでに会社経営している人の中にも資金調達について頭を悩ませている人はたくさんいます。
資金調達の手段として銀行からの融資を検討する人は非常に多いと思いますが、銀行からの融資はたくさんの現金を一度に借りられるところがメリットです。

その反面融資にあたって審査が必要になりますから、審査に通過できなければ融資を受けることができません。
審査は銀行側の基準で決められ、その基準に達していることは絶対条件になります。
審査の際に提出する書類として事業計画書がありますが、この事業計画書の内容は非常に大きな意味を持っており、ここに記載されている内容によって融資するかどうかを判断されることも少なくありません。
たとえば希望融資額に対してどのような返済スケジュールを計画しているのかというのは必ず記載するとい思いますが、ここが曖昧だったり現実的でなかったりすると銀行側も不安になってしまいますので、誰が見ても安心できる返済スケジュールを立てておく必要があります。

特に実績のない新規企業の場合はそれまでどのように利益を出してきているのかという部分が見えませんから、より具体性のある返済スケジュールでなければいけません。
既存の企業の場合は当然ながらこれまでの実績を見て返済スケジュールを立てるでしょうから、銀行側を納得させるだけのものにするためにも会社内の役員で集まり十分に協議する必要があります。