太もも引き締めエクササイズ

きゅっと引き締まった太ももにするためには、日々の運動以外にも手段があります。簡単なエクササイズを生活のちょっとした合間に行なうことで、太ももやせを目さすこともできます。短い間に太もものぜい肉を追い出したい人は日頃の生活習慣の中に太もも引き締めエクササイズを取り入れ、きれいな足のラインを作りましょう。太もものシェイプアップをする時には、太ももが痛めやすい部分であることを十分理解してから取り組みましょう。効果的に太もも引き締めエクササイズを行なうには、事前に軽くウォーミングアップなどをすることがコツです。何もない真っ直ぐな壁とその前方の空間があればどこででもエクササイズが可能です。壁から1メートル弱ほど離れて真っすぐ立ちましょう。足全体を床に押しつけるようにしっかり立ちます。そして両肘を伸ばして、手のひらを壁にちょうどくっつけます。そこから、太ももに力が入るように心がけながら、片方の足をゆっくりと後ろに大きくあげます。ゆっくりとした動作で、少しずつ太ももの後ろの筋肉に力をいれるようイメージしながら持ち上げます。できるならば、右と左にそれぞれ3セットずつ。10回を1セットと数えます。ちょっとした日常のルーチンワークの中に自然な形でエクササイズをする習慣を組み込向ことで、特にがんばれることなく太ももをひきしめることができるでしょう。

エクササイズで部分痩せ

気になる部分から集中的に痩せさせることができるダイエットエクササイズは、部分痩せを試みる時の有効的な方法です。まず最初に部分痩せで引き締めたい場所は、フェイスラインです。顔痩せのためのエクササイズで代表的なものは、唇を取り囲む筋肉である口輪筋を鍛える方法です。口輪筋のエクササイズは、簡単な内容のものを1日に10回程度繰り返します。顔のたるみや二重顎に効果的で、顔痩せも望向ことができます。部分痩せとして次に考えられる箇所は太ももです。太もも痩せのためのエクササイズは、太ももについている大きな二つの筋肉、大腿四頭筋と大腿二頭筋をバランスよく鍛えることが大事です。そして太ももの部分痩せの場合、もうひとつ大事な点は、むくみを解消させるということです。これらの他にも二の腕の部分痩せエクササイズなどがあります。二の腕エクササイズは、上腕三頭筋と上腕二頭筋という腕にある大きな筋肉のうち、上腕の後ろ側にある上腕三頭筋を鍛えることで腕周りを引き締めます。脂肪がつきやすい上腕三頭筋を集中して鍛えることにより、日頃あまり使わないこの筋肉を効果的に鍛えることができます。つまり、鍛えると以外と楽に脂肪が燃焼し、ぷよぷよした二の腕を引き締めることが期待できるのです。部分痩せのためのエクササイズをしっかり成功させるためには、このような部位ごとの筋肉の構造や役割を事前に知っておき、効果的に鍛えることが大事だともいえます。

サイドメニュー