事業計画書の書き方 - 事業計画書の書き方

事業計画書の書き方

会社設立にあたって事業計画書の作成をすると思いますが、事業計画書の書き方はどのようにすればいいかご存じでしょうか?
初めて自分の会社を立ち上げる場合、事業計画書がどんなものか分からないという人もいるでしょうし、とりあえず自分が思った様に作ってみようとする人もいるでしょう。
しかし事業計画書は発起人や株主、従業員などいろいろな人が目を通すものですから、読みやすいものでなければいけませんし、しっかりと流れのあるものに作り上げておくと読み返したときにも分かりやすく事業の方向性がブレません。

それでは事業計画書の書き方を説明していきますが、まずは会社のプロフィールから記入していきます。
会社のプロフィールとは会社名や会社の所在地、設立年月日、役員、株主構成、電話番号、ホームページアドレス、メールアドレス、主要取引先、主力商品、代表者経歴などを記入していきます。

次に事業のコンセプトを記入していきますが、事業のコンセプトとひと言で言ってもいろいろなものがあると思いますのでできるだけ要約して分かりやすく伝えなければなりません。
ここは簡単に言えば「商品を自分の会社らしく売るにはどうすればいいのか?」という提案のようなことを記入していきます。

さらに5年後、10年後その事業がどのように発展していくのか未来の方向性も示しておくと分かりやすいですし、成功するための根拠や他社で同じようなものを扱っている場合はその会社がどのような戦略で売っているのかも分析しておく必要があります。
事業計画書は幅広い視野で見て作成することで周囲を納得させる力を持ちます。