ダイエットの基本

やせたいと思っている人は世の中にたくさんいますが、正しいダイエットとはどういうものなのでしょうか。体重計に乗ってその数値が減っていると喜んでしまいがちですが、それが本当のダイエットとはいえないのです。本来のダイエットの目的は健康的に美しく痩せることであり、またそれを維持することが大事です。第一に「やせる」ということは「体の中の不要な脂肪分を減らす」ということだといえます。私立ちの体をつくる3つの成分は水分・固形成分・脂肪です。この成分の割合のバランスが崩れることは身体によくありません。「肥満」というのは食べすぎや運動不足などによってこの脂肪の割合が高くなることで、生活習慣病のもとになってしまいます。見た目が細くてもこの体脂肪が多ければ「肥満」ということになります。これが隠れ肥満です。体脂肪率を正常に戻すこと。これこそが正しいダイエットの目的だといえます。体脂肪は脂肪細胞のなかに食べ物から得た糖分や脂肪分のうち消費しきれなかったものが分解・蓄積されてできたものです。小さいときに脂肪細胞の数は決定し、思春期以降に減らすことはできません。子供の頃の肥満には注意が必要です。それは体脂肪が多いか少ないかは脂肪細胞と関係するからです。やせたいと思ったらまずは体脂肪の増加を抑えることを目標にしましょう。それによって病気を防ぐことにもなるのです。

やせたい人の食事

ダイエットするためにまず考えなければならないのは「食事」です。やせようと思うと食事の回数や量を減らすことを考えてしまいます。しかし食事を減らすダイエット方法は、体重を減らすことはできても同時に減ってはいけない骨や筋肉まで減らしてしまうことになりとても危険です。このような方法では健康のためのダイエットという目的とはちがうものになり、なんのために痩せるのかわからなくなってしまうでしょう。ダイエットの基本は一日3食をきちんと規則正しくとることです。3食の食事時間は5〜6時間空けるようにすれば間食を防ぎ、体脂肪を燃焼することができます。ダイエットをしたい人は一日の中でとくに朝食をしっかり摂ることが大事です。朝食はたくさん食べても体脂肪が蓄えられにくので大丈夫です。何故なら食事量が多くても1日の活動でエネルギーを消費していくことができるからです。おすすめの朝食メニューは具だくさんの味噌汁・ごはん・おかず数品という組み合わせです。バランスの取れた食事をするように心がけましょう。またやせたいからといって食事を抜くと胃や腸の吸収力が高まり、次の食事でよりエネルギーを取り込もうとするので太りやすくなります。また夕飯の量は極力少なくする必要があります。夕方以降は活動量が減り、身体をやすめるときだからです。このような1日の食事量の配分にも気をつけましょう。目安としては「朝5:昼3:夕1」ぐらいがベストです。朝食でしっかりと栄養を摂るようにすることが重要です。バランスの取れた献立でできれば和食中心のメニューにしていきましょう。

コンサル案件の紹介

トピックス

最近よく耳にするダイエット方法がコーヒーダイエットです。 あのコーヒーダイエットとは、本当に効果が出るものなのでしょうか。 コーヒーに含まれているカフェインは、体内の脂肪を分解してそれを血液中に送り込む働きを持っています。 カフェインはまず摂取されると交換神経を活発にさせ、ノルアドレナリンを分泌させることにより、 褐色脂肪細胞が刺激されるという仕組みです。こうしてさらにリパーゼという物質ができ、 体内に蓄積された脂肪分を分解して脂肪酸となり、血液に送り込まれるわけです。

PRサイト

サイドメニュー