事業計画書とは - 事業計画書の書き方

事業計画書とは

近年、新たに事業をはじめる人が増えていますが、そのときに必要になる事業計画書はしっかりとしたものを作成しなければなりません。
初めて事業をはじめる人にとっては事業計画書ってどんなもの?どのような意味があるの?という人も多いでしょうが、これは事業の方向性を示すうえでとても重要な工程になるのです。

事業をはじめるということは会社設立するということになるケースも多いと思いますが、会社設立の際にはまず会社名を決める、会社の所在地を決める、そして事業計画を決めるという3つの基本事項を決めていかなければなりません。
これらの項目はいずれも定款と呼ばれる会社の詳細を記載する重要な書類に記入する必要がありますから、事業計画書の内容は会社が何をどのようにして売るのか具体的に書いていきます。
事業計画書の作成方法は必ずしもひとつではありませんが、まずは基本的な書き方をしっかり把握しておき、流れに沿って決めるべきことを決めていくとスムーズに進められます。

たとえば一番最初に何を書くかというのは迷いどころだと思いますが、ここは基本的に会社のプロフィールから入り、その後事業をはじめるに至ったコンセプトを記載するというのがスタンダードな流れです。
会社のプロフィールから入ることによって、会社がどのような経緯で設立されたのかが分かりますし、その後事業のコンセプトが分かればなぜこの会社が設立されたのかも納得できますし、すんなりと事業計画書に目を通すことができます。
事業計画書は人が見るものなので、「読みやすい」ということもとても重要なポイントなのです。